もどる

           山家集の研究

    
「都」の歌

  《 歌 》

 13  山路こそ雪のした水とけざらめ
のそらは春めきぬらむ

 29  ちらでまてと
の花をおもはまし春かへるべきわが身なりせば

 33  花もちり人も
へ歸りなば山さびしくやならむとすらむ
 
 35  人はみな吉野の山へ入りぬめり
の花にわれはとまらむ
 
 47  郭公
へゆかばことづてむ越えくらしたる山のあはれを

 75  
にて月をあはれと思ひしは数より外のすさびなりけり

 79  入りぬとや東に人はをしむらむ
に出づる山の端の月

 84  月の色に心をふかくそめましや
を出でぬ我が身なりせば
 
 90  なれきにし
もうとくなり果てて悲しさ添ふる秋の暮かな

 98  たけのぼる朝日の影のさすままに
の雪は消えみ消えずみ
 
101  思へただ
にてだに袖さえしひらの高嶺の雪のけしきは

104  おしなべて同じ月日の過ぎ行けば
もかくや年は暮れぬる

105  程ふれば同じ
のうちだにもおぼつかなさはとはまほしきに

106  思へただ暮れぬとききし鐘の音は
にてだに悲しきものを
 
107  見しままにすがたも影もかはらねば月ぞ
のかたみなりける
 
107  あかずのみ
にて見し影よりも旅こそ月はあはれなりけれ

108  何となく
のかたと聞く空はむつまじくてぞながめられぬる

109  柴の庵のしばし
へかへらじと思はむだにもあはれなるべし

109  かへり行く人の心を思ふにもはなれがたきは
なりけり

109  くさまくら旅なる袖におく露をの人や夢にみるらむ
 
109  きこえつる
へだつる山さへにはては霞にきえにけるかな
 
109  わたの原はるかに波を隔てきて
に出でし月をみるかな

109  わたの原波にも月はかくれけり
の山を何いとひけむ

125  ここも又
のたつみしかぞすむ山こそかはれ名は宇治の里

125  
にも旅なる月の影をこそおなじ雲井の空に見るらめ

128  
近き小野大原を思ひ出づる柴の煙のあはれなるかな

130  
出でてあふ坂越えし折までは心かすめし白河の関

131  涙をば衣川にぞ流しつるふるき
をおもひ出でつつ

140  秋は暮れ君は
へ歸りなばあはれなるべき旅のそらかな

141  露おきし庭の小萩も枯れにけりいづち
に秋とまるらむ

141  したふ秋は露もとまらぬ
へとなどて急ぎし舟出なるらむ

182  ながらへてつひに住むべき
かは此世はよしやとてもかくても

185  夜の鶴の
のうちを出でであれなこのおもひにはまどはざらまし

185  露しげく淺茅しげれる野になりてありし
は見しここちせぬ

185  雲の上やふるき
になりにけりすむらむ月の影はかはらで
 
189  ひときれは
をすてて出づれどもめぐりてはなほきそのかけ橋

192  世の中を捨てて捨てえぬ心地して
はなれぬ我が身なりけり
 
239  
うとくなりにけりとも見ゆるかなむぐらしげれる道のけしきに

282  わが心さこそ
にうとくならめ里のあまりにながゐしてけり


  《 詞書 》

76   遙かなる所にこもりて、
なりける人のもとへ、月のころ遣しける

104  年の暮に、あがたより
なる人のもとへ申しつかはしける

109  ひとり見おきて歸りまかりなんずるこそあはれに、いつか
へは歸る
     べきなど申しければ

109  四國のかたへ具してまかりたりける同行の、
へ歸りけるに

125  修行して伊勢にまかりたりけるに、月の頃
思ひ出でられてよみける

129  さきにいりて、しのぶと申すわたり、あらぬ世のことにおぼえてあはれなり。
     
出でし日数思ひつづくれば、霞とともにと侍ることのあとたどるまで来にける、
     心ひとつに思ひ知られてよみける

131  奈良の僧、とがのことによりて、あまた陸奥国へ遣はされしに、中尊寺と申す
     所にまかりあひて、
の物語すれば、涙ながす、いとあはれなり。かかることは、
     かたきことなり、命あらば物がたりにもせむと申して、遠国述懐と申すことを
     よみ侍りしに

134  常よりも道たどらるるほどに、雪ふかかりける頃、高野へまゐると聞きて、
     中宮大夫のもとより、いつか
へは出づべき、かかる雪にはいかにと申し
     たりければ、返りごとに

135  小倉をすてて高野の麓に天野と申す山に住まれけり。おなじ院の帥の局、
     
の外の栖とひ申さではいかがとて、分けおはしたりける、ありがたくなむ。
     歸るさに粉河へまゐられけるに、御山よりいであひたりけるを、しるべせよと
     ありければ、ぐし申して粉河へまゐりたりける、かかるついでは今はあるまじき
     ことなり、吹上みんといふこと、具せられたりける人々申し出でて、吹上へ
     おはしけり。道より大雨風吹きて、興なくなりにけり。さりとてはとて、吹上に
     行きつきたりけれども、見所なきやうにて、社にこしかきすゑて、思ふにも似ざり
     けり。能因が苗代水にせきくだせとよみていひ傳へられたるものをと思ひて、
     社にかきつけける

174  ある宮ばらにつけて仕へ侍りける女房、世をそむきて
はなれて遠くまからむ
     と思ひ立ちて、まゐらせけるにかはりて

185  福原へ
うつりありときこえし頃、伊勢にて月の歌よみ侍りしに


以上