もどる

        
山家集の研究   (佐左木信綱校訂・岩波文庫・山家集から)


   吉野 の歌       (前数字は番数、次数字はページ)

 1  14 
      何となく春になりぬと聞く日より心にかかるみ
吉野の山

 2  19
      霞まずは何をか春と思はましまだ雪消えぬみ
吉野の山

 3  25
      春といへば誰も
吉野の花をおもふ心にふかきゆゑやあるらむ

 4  25
      空晴るる雲なりけりな
吉野山花もてわたる風と見たれば

 5  26
      誰かまた花を尋ねて
よしの山苔ふみわくる岩つたふらむ

 6  28
      
よしの山ほき路づたひに尋ね入りて花みし春は一むかしかも

 7  30
      花をみし昔の心あらためて
吉野の里にすまむとぞ思ふ

 8  30
      
よしの山雲をはかりに尋ね入りて心にかけし花を見るかな

 9  30
      おもひやる心や花にゆかざらむ霞こめたるみ
よしのの山

 10 30
      まがふ色に花咲きぬれば
よしの山春は晴れせぬ嶺の白雲

 11 30
      
吉野山梢の花を見し日より心は身にも添はずなりにき

 12 30
      白河の梢を見てぞなぐさむる
吉野の山にかよふ心を

 13 32 
      すそ野やく烟ぞ春は
吉野山花をへだつるかすみなりける

 14 32
      
吉野山やがて出でじと思ふ身を花ちりなばと人や待つらむ

 15 32
     
 よしの山人に心をつけがほに花よりさきにかかる白雲

 16 33
      
吉野山さくらが枝に雪ちりて花おそげなる年にもあるかな

 17 33 
     
 吉野山こぞのしをりの道かへてまだ見ぬかたの花を尋ねむ
                             (258ページと重複)

 18 34
      ちらぬまはさかりに人もかよひつつ花に春ある
みよしのの山

 19 34
      
よしの山花をのどかに見ましやはうきがうれしき我が身なりけり

 20 35 
      
吉野山花の散りにし木のもとにとめし心は我を待つらむ

 21 35
      
よしの山高嶺の櫻さきそめばかからんものか花の薄雲

 22 35
      人はみな
吉野の山へ入りぬめり都の花にわれはとまらむ

 23 35
      
吉野山ふもとの瀧にながす花や嶺につもりし雪の下水

 24 35
      ねにかへる花をおくりて
吉野山夏のさかひに入りて出でぬる

 25 35
      
吉野山一むらみゆる白雲は咲きおくれたる櫻なるべし

 26 36
      
吉野山谷へたなびく白雲は嶺の櫻の散るにやあるらむ

 27 36
      
よしの山花ふき具して峯こゆる嵐は雲とよそに見ゆらむ

 28 37
      このもとの旅寝をすれば
吉野山花のふすまを着する春風

 29 37
      
よしの山櫻にまがふ白雲の散りなん後は晴れずもあらなむ

 30 41
      春くれて人ちりぬめり
芳野山花のわかれを思ふのみかは

 31 97
      山ざくら初雪ふれば咲きにけり
吉野はさとに冬ごもれども

 32 102
      
よしの山麓にふらぬ雪ならば花かと見てや尋ね入らまし

 33 132
      聞きもせずたはしね山の櫻ばな
吉野の外にかかるべしとは

 34 133
      をりびつに花のくだ物つみてけり
吉野の人のみやだてにして

 35 172
      瀧おつる
吉野の奥のみや川の昔をみけむ跡したはばや

 36 189
      山人よ
吉野の奥にしるべせよ花も尋ねむ又思ひあり

 37 192
      深く入るは月ゆゑとしもなきものをうき世忍ばむみ
よしのの山

 38 226
     
吉野山うれしかりけるしるべかなさらでは奥の花を見ましや

 39 234
     雲にまがふ花のさかりを思はせてかつがつかすむみ
よし野の山

 40 235  
     花のいろの雪のみ山にかよへばや深き
よし野の奥へいらるる

 41 239
     
吉野山こずゑのそらのかすむにて櫻のえだも春知りぬらむ

 42 243
     かすみしく
吉野の里にすむ人はみねの花にやこころかくらむ

 43 244
    
 吉野山雲と見えつる花なればちるも雪にはまがふなりけり

 44 244
     
よしのやま雲もかからぬ高嶺かなさこそは花のねにかへりなめ

 45 244 
     水上に花のゆふだちふりにけり
吉野の川のなみのまされる

 46 247
     誰ならむ
吉野の山のはつ花をわがものがほに折りてかへれる

 47 249
     とき花や人よりさきにたづぬると
吉野にゆきて山まつりせむ

 48 249
     山ざくら
吉野まうでの花しねをたづねむ人のかてにつつまむ

 49 249
     谷のまも峯のつづきも
吉野山はなゆゑ踏まぬ岩根あらじを

 50 249 
     いまもなしむかしも聞かずしきしまや
吉野の花を雪のうづめる

 51 249
     ときはなる花もやあると
吉野山おくなく入りてなほたづねみむ

 52 250
     
吉野山おくをもわれぞ知りぬべき花ゆゑふかく入りならひつつ

 53 258
     
吉野山こぞのしをりの道かへてまだ見ぬかたの花をたづねむ  ▲

 54 258
     花ちりて雲はれぬれば
吉野山こずゑのそらはみどりにぞなる

 55 258
     花ちりぬやがてたづねむほととぎす春をかぎらじみ
吉野の山

 56 272 
     待たれつる
吉野のさくらさきにけりこころを散らす春の山かぜ

 57 272
     なべてならぬ四方の山べの花はみな
吉野よりこそ種は散りけめ

 58 272
     
吉野山かぜこすくきにさく花はいつさかりともなくや散るらむ

 59 282
     世をうしと思ひけるにぞなりぬべき
吉野の奥へ深く入りなば

 60 284
     花さきし鶴の林のそのかみを
吉野の山の雲に見しかな

 61  
新潮版山家集
     
吉野山峯なる花はいづかたの谷にか分きて散りつもるらん

 62 松屋本山家集 
     春は猶
よし野のおくへ入りにけりちりそめる花そ根にはかへれる 

 63 
松屋本山家集
     いさ心花をたつぬといひなして
よし野のおくへふかくいりなむ

 (注) ▲のついている歌は重出歌です。
   「吉野」の西行歌は62首です(1首重複)。

【詞書】

 30  國々めぐりまはりて、春歸りて
吉野の方へまゐらむとしけるに、人の、
     このほどはいづくにか跡とむべきと申しければ

 133  みやだてと申しけるはしたものの、年たかくなりて、さまかへなどして、
     ゆかりにつきて
吉野に住み侍りけり。思ひかけぬやうなれども、供養を
     のべむ料にとて、くだ物を高野の御山へつかはしたりけるに、花と申す
     くだ物侍りけるを見て、申しつかはしける


■ 入力    2002年01月15日
■ 入力者  阿部和雄
■ 校正    2005年1月15日校正・2013年05月09日

             ページの先頭