もどる

     
山家集の研究 (佐佐木信綱校訂・岩波文庫・山家集から)


  
 櫻の歌       (前数字は番号、次数字はページ)

  櫻・さくら   (櫻、花の複合歌は櫻の部のみに編入)

 1   25  
        月みれば風に
の枝なべて花かとつぐるここちこそすれ
 2   25 
        まつによりちらぬ心を
山ざくら咲きなば花の思ひ知らなむ
 3   25   
        春になる
の枝は何となく花なけれどもむつましきかな
 4   28  
        ちるを見て歸る心や
櫻花むかしにかはるしるしなるらむ
 5   29  
        木のもとは見る人しげし
櫻花よそにながめて我は惜しまむ
 6   29   
        花見にとむれつつ人のくるのみぞあたら
のとがにはありける
 7   30
        あくがるる心はさても
山櫻ちりなむ後や身にかへるべき
 8   31
        たぐひなき花をし枝にさかすれば
にならぶ木ぞなかりける
 9   31  
        
さくよもの山邊をかぬる間にのどかに花を見ぬ心地する
 10  31  
        佛には
の花をたてまつれわが後の世を人とぶらはば
 11  31  
        何とかや世にありがたき名をしたる花に
にまさりしもせじ
 12  31  
        山
ざくら霞の衣あつくきてこの春だにも風つつまなむ
 13  32 
        ならひありて風さそふとも
山櫻たづぬる我を待ちつけてちれ
 14  32 
        わび人の涙に似たる
かな風身にしめばまづこぼれつつ
 15  32
        おなじくは月の折さけ
山櫻花みるをりのたえまあらせじ
 16  32  
        おぼつかな谷は
のいかならむ嶺にはいまだかけぬ白雲
 17  33 
        いざ今年ちれと
をかたはらむ中々さらば風や惜しむと
 18  33 
        吹く風のなべて梢にあたるかなかばかり人の惜しむ

 19  33  
        吉野山
さくらが枝に雪ちりて花おそげなる年にもあるかな
 20  34  
        ちらばまたなげきやそはむ
山櫻さかりになるはうれしけれども 
 21  34 
        
山櫻かざしの花に折そへてかぎりの春のいへづとにせむ
 22  35
        よしの山高嶺の
さきそめばかからんものか花の薄雲
 23  35
        尋ね入る人には見せじ
山櫻われとを花にあはむと思へば
 24  35
        
山櫻さきぬと聞きて見にゆかむ人をあらそふ心とどめて
 25  35
        
山ざくらほどなくみゆる匂ひかな盛を人にまたれまたれて
 26  35
        吉野山一むらみゆる白雲は咲きおくれたる
なるべし
 27  36
        年を經て待つと惜しむと
山櫻心を春はつくすなりけり
 28  36 
        吉野山谷へたなびく白雲は嶺の
の散るにやあるらむ
 29  37
        雪と見てかげに
の亂るれば花のかさ着る春の夜の月
 30  37 
        よしの山
にまがふ白雲の散りなん後は晴れずもあらなむ
 31  38
        鶯の聲に
ぞちりまがふ花のこと葉を聞くここちして
 32  38
        
山ざくら枝きる風の名殘なく花をさながらわが物にする
 33  48 
        
ちるやどにかさなるあやめをば花あやめとやいふべかるらむ
 34  97
        
山ざくら初雪ふれば咲きにけり芳のはさとに冬ごもれども
 35  97 
        山
おもひよそへてながむれば木ごとの花は雪まさりけり
 36  119
        待ちきつるやかみの
咲きにけりあらくおろすなみすの山風
 37  125
        ~風に心やすくぞまかせつる
の宮の花のさかりを
 38  132
        聞きもせずたはしね山の
ばな吉野の外にかかるべしとは
 39  132
        たぐひなき思ひいではの
かな薄紅の花のにほひは
 40  146  
        つれもなき人にみせばや
花風にしたがふ心よわさを
 41  172
        春風の吹きおこせんに
花となりくるしくぬしや思はむ
 42  209
        
花ちりぢりになるこのもとに名殘を惜しむ鶯のこゑ
 43  221
       
 山櫻つぼみはじむる花の枝に春をばこめて霞むなりけり
 44  227
        遅
ざくら見るべかりける契あれや花のさかりは過ぎにけれども
 45  234 
        待たでただ尋ねを入らむ
山ざくらさてこそ花に思ひしられめ
 46  234
        春は來て遅く
さくらのこずゑかな雨の脚まつ花にやあるらむ
 47  235 
        
山ざくらかしらの花にをりそへてかぎりの春のいへづとにせむ
 48  235
        瀧にまがふ峯の
さくらの花ざかりふもとは風になみたたみけり
 49  236
        花の火を
さくらの枝にたきつけてけぶりになれるあさがすみかな
 50  236
        
山ざくらさけばこそちるものは思へ花なき世にてなどなかりけむ
 51  239
        吉野山こずゑのそらのかすむにて
のえだも春知りぬらむ
 52  243 
        鶯のなくねに春をつげられて
さくらのえだやめぐみそむらむ
 53  244 
        さかりなるこの
山ざくら思ひおきていづち心のまたうかるらむ
 54  247
        
山ざくらちらぬまでこそ惜しみつれふもとへ流せたにがはの水
 55  249
        
山ざくら吉野まうでの花しねをたづねむ人のかてにつつまむ
 56  249
        
山ざくらまた來むとしの春のため枝をることはたれもあなかむ
 57  272
        待たれつる吉野の
さくらさきにけりこころを散らす春の山かぜ
 58  272
        白河の關路の
さきにけりあづまより來る人のまれなる

     トップページにもどる

 
 花        (櫻にかかる「花」のある歌)

 1   25  
       春といへば誰も吉野の
を思ふ心にふかきゆゑやあるらむ
 2   25
       今さらに春を忘るる
もあらじやすく待ちつつ今日も暮らさむ
 3   25
       おぼつかないづれの山の峯よりか待たるる
の咲きはじむらむ
 4   25
       空晴るる雲なりけりな吉野山
もてわたる風と見たれば
 5   25
       さらにまた霞にくるる山路かな
をたづぬる春のあけぼの
 6   25
       雲もかかれ
とを春は見て過ぎむいづれの山もあだに思はで
 7   26
       雲かかる山とは我も思ひ出でよ
ゆゑ馴れしむつび忘れず
 8   26
       誰かまた
を尋ねてよしの山苔ふみわくる岩つたふらむ
 9   26
       わきて見む老木は
もあはれなり今いくたびか春にあふべき
 10  26
       老づとに何をせかまし此春の
待ちつけぬわが身なりせば
 11  26
       おのづから
なき年の春もあらば何につけてか日をくらさまし 
 12  26
        見る人に
も昔を思ひ出でて戀しかるべし雨にしをるる
 13  27 
       あだに散る梢の
をながむれば庭には消えぬ雪ぞつもれる
 14  27
       風あらみこずゑの
のながれきて庭に波立つしら川の里 
 15  28
       よしの山ほき路づたひに尋ね入りて
見みし春は一むかしかも 
 16  28 
       年を經ておなじ梢に匂へども
こそ人にあかれざりけれ
 17  28
       雲にまがふ
の下にてながむれば朧に月は見ゆるなりけり
 18  28 
       
の色や聲に染むらむ鶯のなく音ことなる春のあけぼの
 19  29
       紅葉みし高野の峯の
ざかりたのめし人の待たるるやなぞ
 20  29 
       ちらでまてと都の
をおもはまし春かへるべきわが身なりせば
 21  29
       
もちり人もこざらむ折は又山のかひにてのどかなるべし
 22  30 
       
を見し昔の心あらためて吉野の里にすまむとぞ思ふ
 23  30
       空に出でていづくともなく尋ぬれば雪とは
の見ゆるなりけり
 24  30
       雪とぢし谷の古巣を思ひ出でて
にむつるる鶯の聲
 25  30
       よしの山雲をはかりに尋ね入りて心にかけし
を見るかな
 26  30
       おもひやる心や
にゆかざらむ霞こめたるみよしのの山
 27  30  
       おしなべて
の盛に成にけり山の端ごとにかかる白雲
 28  30
       まがふ色に
咲きぬればよしの山春は晴れせぬ嶺の白雲
 29  30 
       吉野山梢の
を見し日より心は身にも添はずなりにき
 30  30 
      
 花みればそのいはれとはなけれども心のうちぞ苦しかりける
 31  30
       白河の梢を見てぞなぐさむる吉野の山にかよふ心を
 32  31
       ひきかへて
見る春は夜はなく月みる秋は晝なかるらむ
 33  31 
       
ちらで月はくもらぬ世なりせば物を思はぬわが身ならまし
 34  31 
       身を分けて見ぬ梢なくつくさばやよろづの山の
の盛を
 35  31  
       
にそむ心のいかで殘りけむ捨てはててきと思ふわが身に
 36  31
       白河の春の梢のうぐひすは
の言葉を聞くここちする
 37  31 
       ねがはくは
の下にて春死なんそのきさらぎのもち月の頃
 38  31
       思ひやる高嶺の雲の
ならばちらぬ七日は晴れじとぞ思ふ
 39  31
       のどかなる心をきへに過しつつ
ゆゑにこそ春を待ちしか
 40  31
       かざこしの嶺のつづきに咲く
はいつ盛ともなくや散るらむ
 41  32
       すそ野やく烟ぞ春は吉野山
をへだつるかすみなりける
 42  32
       今よりは
見む人に傳へおかむ世をのがれつつ山に住まむと
 43  32
       吉野山やがて出でじと思ふ身を
ちりなばと人や待つらむ
 44  32
       人もこず心もちらで山里は
をみるにもたよりありけり
 45  32
       よしの山人に心をつけがほに
よりさきにかかる白雲
 46  32
       山寒み
咲くべくもなかりけりあまりかねても尋ね來にけり
 47  32
       かたばかりつぼむと
を思ふよりそらまた心ものになるらむ
 48  32  
       
ときくは誰もさこそは嬉しけれ思ひしづめぬわが心かな
 49  33
       初
のひらけはじむる梢よりそばえて風のわたるなるかな
 50  33
       おぼつかな春は心の
にのみいづれの年かうかれそめけむ
 51  33
       風ふくと枝をはなれておつまじく
とぢつけよ青柳の糸
 52  33
       なにとなくあだなる
の色をしも心にふかく染めはじめけむ
 53  33
       同じ身の珍らしからず惜しめばや
もかはらず咲きは散るらむ
 54  33
       嶺にちる
は谷なる木にぞ咲くいたくいとはじ春の山風
 55  33
       山おろしに亂れて
の散りけるを岩はなれたる瀧とみたれば
 56  33
       
もちり人も都へ歸りなば山さびしくやならむとすらむ
 57  33
       君こずば霞に今日も暮れなまし
待ちかぬる物がたりせで
 58  33
       吉野山こぞのしをりの道かへてまだ見ぬかたの
を尋ねむ
 59  34
       さきやらぬものゆゑかねて物ぞ思ふ
に心の絶えぬならひに
 60  34
       
を待つ心こそなほ昔なれ春にはうとくなりにしものを
 61  34
       さきそむる
を一枝まづ折りて昔の人のためと思はむ
 62  34
       あはれわれおほくの春の
を見てそめおく心誰にゆづらむ
 63  34
       春をへて
のさかりにあひきつつ思ひ出おほき我が身なりけり
 64  34
       ちらぬまはさかりに人もかよひつつ
に春あるみよしのの山
 65  34 
       よしの山
をのどかに見ましやはうきがうれしき我が身なりけり
 66  34 
       山路わけ
をたづねて日は暮れぬ宿かし鳥の聲もかすみて
 67  34
       谷風の
の波をし吹きこせばゐせぎにたてる嶺のむら松
 68  34
       今の我も昔の人も
みてん心の色はかはらじものを
 69  34
       
いかに我をあはれと思ふらむ見て過ぎにける春をかぞへて
 70  35
       吉野山
の散りにし木のもとにとめし心は我を待つらむ
 71  35 
       人はみな吉野の山へ入りぬめり都の
にわれはとまらむ
 72  35  
       
の雪の庭につもると跡つけじかどなき宿といひちらさせて
 73  35
       ながめつるあしたの雨の庭の面に
の雪しく春の夕暮
 74  35
       吉野山ふもとの瀧にながす
や嶺につもりし雪の下水
 75  35
       ねにかへる
をおくりて吉野山夏のさかひに入りて出でぬる
 76  35
       勅とかやくだす御門のいませかしさらば恐れて
やちらぬと
 77  36
       波もなく風ををさめし白川の君のをりもや
は散りけむ
 78  36
       いかでわれ此世の外の思ひ出に風をいとはで
をながめむ
 79  36
       山おろしの木のもとうづむ
の雪は岩井にうくも氷とぞみる
 80  36
       春風の
のふぶきにうづもれて行きもやられぬ志賀の山道
 81  36
       たちまがふ嶺の雲をば拂ふとも
をちらさぬ嵐なりせば
 82  36
       よしの山
ふき具して峯こゆる嵐は雲とよそに見ゆらむ
 83  36
       惜しまれぬ身だにも世にはあるものをあなあやにくの
の心や
 84  36
       うき世にはとどめおかじと春風のちらすは
を惜しむなりけり
 85  36
       もろともに我をも具してちりね
うき世をいとふ心ある身ぞ
 86  36 
       思へただ
のなからむ木のもとに何をかげにて我身住みなむ
 87  36
       ながむとて
にもいたく馴れぬれば散る別こそ悲しかりけれ
 88  36
       惜しめばと思ひげもなくあだにちる
は心ぞかしこかりける
 89  37
       梢ふく風の心はいかがせんしたがふ
のうらめしきかな
 90  37
       いかでかは散らであれとも思ふべき暫しと慕ふなさけ知れ

 91  37
       木のもとの
に今宵は埋もれてあかぬ梢を思ひあかさむ
 92  37
       このもとの旅寐をすれば吉野山
のふすまを着する春風 
 93  37
       ちる
を惜しむ心やとどまりて又こむ春の誰になるべき
 94  37
       春ふかみ枝もうごかでちる
は風のとがにはあらぬなるべし
 95  37
       あながちに庭をさへ吹く嵐かなさこそ心に
をまかせめ
 96  37
       あだにちるさこそ梢の
ならめすこしはのこせ春の山風
 97  37
       心えつただ一すぢに今よりは
を惜しまで風をいとはむ
 98  37 
       
と見ばさすがなさけをかけましを雲とて風の拂ふなるべし
 99  37 
       風さそふ
の行方は知らねども惜しむ心は身にとまりけり
 100 37
       
ざかり梢をさそふ風ならでのどかに散らむ春はあらばや

          トップページにもどる
 101 38
       風にちる
の行方は知らねども惜しむ心は身にとまりけり
 102 38 
       世の中をおもへばなべて散る
の我身をさてもいづちかもせむ
 103 38  
       風もよし
をもちらせいかがせむ思ひはつればあらまうき世ぞ
 104 38 
       
もちり涙ももろき春なれや又やはとおもふ夕暮の空
 105 38 
       
さへに世をうき草になしにけりちるを惜しめばさそふ山水
 106 38  
        梢うつ雨にしをれてちる
の惜しき心を何にたとへむ
 107 38
        ちりそむる
の初雪ふりぬればふみ分けまうき志賀の山 
 108 38  
        春風の
をちらすと見る夢は覺めても胸のさわぐなりけり
 109 39 
        青葉さへみれば心のとまるかな散りにし
の名殘と思へば
 110 39
        吹みだる風になびくと見しほどに
ぞ結べる青柳の糸
 111 39  
        ちるとみれば又咲く
の匂ひにもおくれさきだつためしありけり
 112 41
        春くれて人ちりぬめり芳野山
のわかれを思ふのみかは
 113 42
        限あれば衣ばかりをぬぎかへて心は
をしたふなりけり
 114 42  
        草しげる道かりあけて山ざとに
みし人の心をぞみる
 115 44
        時鳥きく折にこそ夏山の青葉は
におとらざりけり
 116 45
        時鳥きかぬものゆゑまよはまし
を尋ねぬ山路なりせば
 117 45
        なかん聲や散りぬる
の名殘なるやがて待たるる時鳥かな
 118 48
        ちる
を今日の菖蒲のねにかけてくすだまともやいふべかるらむ
 119 88
        さまざまに錦ありけるみ山かな
見し嶺を時雨そめつつ(寂蓮)
 120 92 
        もみぢちる野原を分けて行く人は
ならぬまで錦きるべし
 121 95 
        
におく露にやどりし影よりも枯野の月はあはれなりけり
 122 96
        ただは落ちで枝をつたへる霞かなつぼめる
の散るここちして
 123 100
        盛ならぬ木もなく
の咲きにけり思へば雪をわくる山道
 124 101
        
もかれもみぢも散らぬ山里はさびしさを又とふ人もがな
 125 102
        よしの山麓にふらぬ雪ならば
かと見てや尋ね入らまし
 126 106 
        此春は君に別のをしきかな
のゆくへは思ひわすれて
 127 112
        
とみる梢の雪に月さえてたとへむ方もなき心地する
 128 123
        あはれとも
みし嶺に名をとめて紅葉ぞ今日はともに散りける
 129 132
        奥に猶人みぬ
の散らぬあれや尋ねを入らむ山ほととぎす
 130 132 
        ながむるに
の名だての身ならずばこのもとにてや春を暮らさむ
 131 139  
        ちる
のいほりの上を吹くならば風入るまじくめぐりかこはむ
 132 146
        
をみる心はよそにへだたりて身につきたるは君がおもかげ
 133 147
        葉がくれに散りとどまれる
のみぞ忍びし人にあふここちする
 134 189
        山人よ吉野の奥にしるべせよ
も尋ねむ又思ひあり
 135 201
        尋ぬとも風のつてにもきかじかし
と散りにし君が行方を
 136 216
        此春はえだえだごとにさかゆべし枯たる木だに
は咲くめり
 133 219
        散りしきし
の匂ひの名殘多みたたまうかりし法の庭かな
 138 226
        吉野山うれしかりけるしるべかなさらでは奥の
を見ましや
 139 229 
        
をわくる峯の朝日のかげはやがて有明の月をみがくなりけり
 140 231 
        
のいろに心をそめぬこの春やまことの法の果はむすぶべき
 141 234
        雪にまがふ
のさかりを思はせてかつがつかすむみよし野の山
 142 234
        君來ずば霞にけふも暮れなまし
まちかぬるものがたりせで
 143 234
        
を見てなごりくれぬる木のもとは散らぬさきにとたのめてぞたつ
 144 234
        
と見えて風にをられてちる波のさくら貝をばよするなりけり
 145 235
        ながむながむ散りなむことを君もおもへ黒髪山に
さきにけり
 146 235
        散りまさむかたをやぬしに定むべきみねをかぎれる
のむらだち
 147 235
        これや聞く雲の林の寺ならむ
をたづぬるこころやすめむ
 148 235
       
 花のいろの雪のみ山にかよへばや深きよし野の奥へいらるる
 149 235
        
さへに世をうき草になりにけり散るを惜しめばさそふ山水
 150 235 
        
の色にかしらの髪しさきぬれば身は老木にぞなりはてにける
 151 236
        つれなきを
によそへて猶ぞまつさかでしもさてやまじと思へば
 152 236
        命をしむ人やこの世になからまし
にかはりて散る身と思はば
 153 243
        山人に
さきぬやとたづぬればいさしら雲とこたへてぞゆく
 154 243
        かすみしく吉野の里にすむ人はみねの
にやこころかくらむ
 155 244 
       
よりはいのちをぞ猶をしむべき待ちつくべしと思ひやはせし
 156 244
       春ごとの
にこころをなぐさめて六十あまりのとしをへにける
 157 244 
       ひとときに遅れさきだつこともなく木毎に
のさかりなるかな
 158 244
       吉野山雲と見えつる
なればちるも雪にはまがふなりけり
 159 244 
       よしのやま雲もかからぬ高嶺かなさこそは
のねにかへりなめ
 160 244 
       水上に
のゆふだちふりにけり吉野の川のなみのまされる
 161 247 
       誰ならむ吉野の山のはつ
をわがものがほに折りてかへれる
 162 249
       とき
や人よりさきにたづぬると吉野にゆきて山まつりせむ
 163 249  
       谷のまも峯のつづきも吉野山
はなゆゑ踏まぬ岩根あらじを
 164 249 
       いまもなしむかしも聞かずしきしまや吉野の
を雪のうづめる
 165 249
       くれなゐの雪はむかしのことと聞くに
のにほひにみつる春かな
 166 249
       
ざかり人も漕ぎ來ぬ深きたにに波をぞたつるはるの山かぜ
 167 249
       おもひいでに
の波にもながればや峯のしら雲瀧くだすめり
 168 249
       ときはなる
もやあると吉野山おくなく入りてなほたづねみむ
 169 250 
       吉野山おくをもわれぞ知りぬべき
ゆゑふかく入りならひつつ
 170 258
       吉野山こぞのしをりの道かへてまだ見ぬかたの
をたづねむ
 171 258
       月はみやこ
のにほひは越の山とおもふよ雁のゆきかへりつつ
 172 258
       
ちりて雲はれぬれば吉野山こずゑのそらはみどりにぞなる
 173 258
       
ちりぬやがてたづねむほととぎす春をかぎらじみ吉野の山
 174 259
       比良の山春も消えせぬ雪とてや
をも人のたづねざるらむ
 175 262
       春雨に
のみぞれの散りけるを消えでつもれる雪とみたれば
 176 271
       いかでわれ常世の
のさかり見てことわりしらむ歸るかりがね
 177 272
       深く入ると
のさきなむをりこそあれともに尋ねむ山人もがな
 178 272
       思ひかえすさとりや今日はなからまし
にそめおく色なかりせば
 179 272
       なべてならぬ四方の山べの
はみな吉野よりこそ種は散りけめ
 180 272
       うぐひすの聲を山路のしるべにて
みてつたふ岩のかけ徑
 181 272  
       風吹けば
の白波岩こえてわたりわづらふ山がはのみづ
 182 272
       いにしへの人の心のなさけをば老木の
のこずゑにぞ知る
 183 272
       あかつきと思はまほしき聲なれや
にくれぬるいりあひの鐘
 184 272
      
 花はいかに吾をあはれと思ふらむ見て過ぎにける春かぞへても
 185 272
       さかぬまの花には雲のまがふとも雲とは
の見えずもあらなむ
 186 272
       吉野山かぜこすくきにさく
はいつさかりともなくや散るらむ
 187 273
       惜しむ人のこころをさへにちらすかな
をさそへる春の山かぜ
 188 273
       ありとてもいでやさこそはあらめとて
ぞうき世を思ひしりぬる
 189 278  
      
 花を惜しむ心のいろのにほひをば子をおもふ親の袖にかさねむ
 190 279 
       この春は
を惜しまでよそならむこころを風の宮にまかせて
 191 280
       ~路山みしめにこもる
ざかりこらいかばかり嬉しかるらむ
 192 280
       和らぐる光を
にかざされて名をあらはせるさきたまの宮
 193 282
       春秋を君おもひ出ば我はまた月と花とをながめおこさむ 
 194 283
       ときはなるみ山に深く入りにしを
さきなばと思ひけるかな
 195 284 
       風かをる
の林に春來ればつもるつとめや雪の山みち


 「他者詠歌」
  26  
     おのづから來る人あらばもろともにながめまほしき山櫻かな(としただ)
  27
     いにしへを忍ぶる雨と誰か見む花もその世の友しなければ(兵衛の局)
  29 
     ともに見し峯の紅葉のかひなれや花の折にもおもひ出ける(寂然)
  88 
     さまざまに錦ありけるみ山かな花見し嶺を時雨そめつつ(寂蓮)
 106
     君がいなんかたみにすべき櫻さへ名殘あらせず風さそふなり(女房六角局)
 201
     吹く風の行方しらするものならば花とちるにもおくれざらまし「堀川」
 209 
     ちる花は又こん春も咲きぬべし別はいつかめぐりあふべき(少将ながのり)


  「連歌」
  259  あづさ弓はるのまとゐに花ぞみる
         やさしことになほひかれつつ


                以上
■ 入力   2002年01月27日
■ 入力者  阿部和雄
■ 校正   未校正


   もどる